診断士についての疑問

中小企業診断士の資格を取る7つのメリット【稼げるようになるの?】

中小企業診断士の資格って何かとるメリットあるのかな?

当記事では上記のような悩みにお答えします。

ジッキー
ジッキー
どうもーー!中小企業診断士のジッキー(@jikky_bongjing)でございますーーーーー!

平成30年度の中小企業診断士の試験で合格を果たした僕ですが、以前にこんなツイートをしました!


今回はさらに整理した上で、僕が実体験として感じた「中小企業診断士の資格を取ったメリット」を7つにまとめてお伝えしていければと思います。

これから中小企業診断士の勉強をしようか迷っている方、今勉強中の方にぜひ読んでもらいたい内容です。

それではご覧ください。

中小企業診断士の取得により僕が感じた7つのメリット

中小企業診断士の取得により僕が感じた7つのメリット
僕が感じたメリットは以下の通り。

中小企業診断士を資格をとるメリット
  1. SWOT分析で考える脳ができた。
  2. 自分を経営する感覚が芽生えた。
  3. 勉強してないとそわそわするようになった。
  4. エネルギー量が増えた。
  5. 隙間時間の使い方が上手になった。
  6. 他分野の人の仕事話に興味が湧く。
  7. お客様に話を聞いてもらいやすくなった。

それでは詳しくお伝えします。

1:SWOT分析で考える脳ができた。

中小企業診断士になって、SWOT分析する癖がつきました。

もう呼吸をするような感覚です。

「強みを生かす」「弱みを克服する・フォローする」「機会を生かす」「脅威を防ぐ」

競争で勝ち抜くために当然の考え方かもしれませんが、4象限のバランスで物事を考えるには訓練が必要です。

ジッキー
ジッキー
二次試験や、実務補修などを乗り越えると相当鍛えられます。

僕の会社でも、「社長の思いつき」で事業が始まることがよくあるのですが、SWOTで考えて、「多分この事業うまくいかないだろうなぁ・・・」って思ってたら、やっぱりうまくいかないですし。

ジッキー
ジッキー
SWOT分析はずっと経営しているような社長ですら、見失うこともある視点なんです。

つまり常に頭でSWOT分析してくれる側近がいたら、社長としてはとてもありがたい存在です。

だから最近はSWOT脳を活用して、説得力をもって、事業を止めたり、逆に提案したりすることもできるようになりました。

ジッキー
ジッキー
自然にSWOT分析するようになった脳みそは明らかに資産ですね。

2:自分を経営する感覚が芽生えた。

SWOT分析の話とつながってくるのですが、自分が将来成功するために、世の中の時流(外部環境)と、自分がもってる強みを、どう組み合わせるのか考えるようになりました。

ジッキー
ジッキー
自分の経営者は当然自分ですから、自分が競争に勝っていくためには、自分自身にもSWOT分析を当てはめることが有効だとわかりました。

そしてSWOT分析のフレームで自分のことを中長期的に、有利に運ぶための戦略を、自然と考えることができるようになったのです。

これまでも、いろんな挑戦をしてきましたが、目的が曖昧で「これでいいのかなぁ・・・。こんなに時間使って、意味あるのかなぁ・・・。」

・・・みたいに、なんとなく迷いながら動いている部分もありました。

今は、「外部環境こうなる。自分の強みはこれだから、今はこれをやるべきだ!」と強く信じることができるようになりました。

ジッキー
ジッキー
自分を経営しているつもりで、絶対これで合ってる!と思って突き進むのと、なんとなく生きて迷いながら行動するのだと、圧倒的なアウトプットの差が生まれますね。

3:勉強してないとそわそわするようになった。

これは難関資格アルアルだと思いますが、試験が終わった後も、勉強していないとそわそわするようになります。

何もしていないと、罪悪感を感じます。常に、何かインプットしていないと気が済まない感じですね。

僕はこれは自分にとっていい変化だったと思います。

ジッキー
ジッキー
電車の中でスマホゲームしていた自分が、インプットに時間を使うようになりました。

4:エネルギー量が増えた。

勉強の話とも通じるのですが、結果エネルギー量が増えましたね。

以前だったら、仕事が終わったら、「早く帰って寝たい・・・!」と思っていただけだったのが、今となっては以下の感じ。

「電車の中でインプットしながら帰って、家事して、子供の相手してから、アフィリエイトの記事を書いて、寝る前少し本を読んで寝よう!」

日々の行動量が明らかに増えましたね。積んでいるエンジンのレベルが上がります。

ジッキー
ジッキー
無理矢理でも勉強時間を確保して、苦しみながらもやってきた結果、自分に搭載しているエンジンの質が上がった感じです。

5:隙間時間の使い方が上手になった。

隙間時間の使い方は圧倒的にうまくなった自信があります。

日々忙しいサラリーマンやりながら、中小企業診断士の勉強をしながら、アフィリエイトをして、運動もしていたので、時間をこじ開ける毎日でした。

そんな毎日をすごすことで、少し空いた時間の活用が上手くなり、毎日のアウトプット量が格段に増えました。

ジッキー
ジッキー
時間の使い方が上手くなると、サラリーマンの仕事のスピードも質も上がります。

6:他分野の人の仕事話に興味が湧く。

中小企業診断士の知識がついてからは、いろんな分野の仕事の話を興味持って聞けるようになりました。

診断士を勉強することで、ビジネスの理論の基礎知識がある程度身につくので、幅広い相手の話に対して質問ができるようになるんですよね。

質問ができるようになると、話がどんどん弾んでいくので、相手の話がどんどん面白くなっていきます。

そうやってさらに深い情報をどんどん吸収していくことができるようになりましたね。

ジッキー
ジッキー
どんな部署でどんなフィールドの人とも対等に話すことができる力がつきました。

7:お客様に話を聞いてもらいやすくなった。

お客様に営業をかける際、「中小企業診断士の試験を合格した」という話をすれば、少しですけど、相手が信頼してくれるようになりました。

世の中にコンサルタントって多いですけど、やっぱり「この人本当にちゃんとできる人なのかな?」って不安は常にありますからね。

コンサルの会社は、1年目でもコンサルタントとしてOJTされながら働く人もいますし。

でも、ちゃんと資格を持っていると、「難しい試験に合格をした素養と知識がある」という前提で話せるために、ちょっとしたお墨付きがあって、安心してもらえます。

ジッキー
ジッキー
相手からちゃんと信頼されることで、ビジネス上では有利なことばかりです。

中小企業診断士はとっただけで稼げるというメリットはありません。

中小企業診断士はとっただけで稼げるというメリットはありません。
ここまで僕が感じたメリットをお伝えしてきましたが、あれ?って思った人もいるかもしれません。メリットをもう一度見てください。

中小企業診断士の勉強による変化
  1. SWOT分析で考える脳ができた。
  2. 自分を経営する感覚が芽生えた。
  3. 勉強してないとそわそわする。
  4. エネルギー量が増えた。
  5. 隙間時間の使い方が上手になった。
  6. 他分野の人の仕事話に興味が湧く。
  7. お客様に話を聞いてもらいやすくなった。

お金の話がどこにもありませんね。

そうなのです。

正直に言いますと、中小企業診断士はとっただけで稼げる資格ではありません。

中小企業診断士しかできない、独占業務ってありませんからね。いかにその辺りまとめています。

稼ぎたいだけで中小企業診断士を受けてはいけない【結論:稼げない】 中小企業診断士って資格とったら稼げるのかな? 当記事では上記の疑問に答えます。 結論から言うと、「中小企...

模擬試験の作問とか、合格体験談とか、講師とかそういうアルバイトはあるかもしれませんけど、コンサルタントとして独立して食べていくには、かなりスキルが必要です。

中小企業診断士の資格を取ったからといって、いきなりマッキンゼーのコンサルより稼げるかといえば、一切そんな奇跡は起こりません。

ジッキー
ジッキー
ただし!合格までのプロセスで、自分にとってプラスの変化は確実に起きますし、稼げる体質に変化する感じです。

実際、診断士の勉強始めてから、知識を応用することで、副業での収入も増えましたし、サラリーマンの方でも成果が上がりやすくなって、「部長職」に昇級しました。

医者とか弁護士などのように、「資格マジック」みたいなのが起きて、いきなり「先生」と呼ばれて給料が上がったりはしないですけど、稼げるように体質改善をしてくれる、そんな資格かなと思ってます。

ジッキー
ジッキー
僕は結果としてビジネススキルが高まったことで、役職も上がって、給料もあがりました。挑戦しがいのある資格ですよ!

今回は以上です!ぜひご参考に!

サラリーマンの中小企業診断士合格ロードマップ【独学だけはするな】 サラリーマンが中小企業診断士に合格するためにどんなことをすればいいんだろう。 独学でも合格できるのかな? 実際の合格...
【無料あり】サラリーマンにおすすめする中小企業診断士の予備校3選 サラリーマンをしながら中小企業診断士の資格を取りたい。 予備校はどこがいいんだろう?おすすめの予備校・通信講座が知りたい!...