診断士についての疑問

中小企業診断士二次試験で大ゴケしない80分間の使い方【事例1〜3】

中小企業診断士二次試験で効率の良い80分間の時間の使い方はないかな。

いつも時間オーバーして焦ってしまう。

当記事では上記のような悩みに答えます。

ジッキー
ジッキー
こんちゃん!中小企業診断士二次試験をオールAで合格したジッキー(@jikky_bongjing)です。

中小企業診断士の二次試験をパスするために、時間の使い方は非常に大事です。

何故ならば、1つも問題を大きく落とせない試験だからです。

うまく時間を使えないと、時間内に全て書き終えることすら難しいでしょう。

そうして、白紙回答やテンパリ回答を出すことになり、大きく減点を食らって「D」を取ってしまうなんてことはよく見られます。

大事なのは、自分自身の時間の使い方を確立して、反復練習すること。慣れれば、毎回同じ作業の繰り返しになります。

というわけで、今回紹介するのは、僕が実践していた時間の使い方です。

実際にこの方法で合格しましたし、毎回同じ作業ができるようになっていたので、真似していただいてもいいと思いますよ!

中小企業診断士二次試験で大ゴケしない80分間の使い方【事例1〜3】

中小企業診断士二次試験で大ゴケしない80分間の使い方【事例1〜3】
80分間は以下のような形で使います。もちろん分量によって多少前後しますが、だいたい同じですね。

二次試験で大ゴケしない80分間の使い方
  1. 段落番号をふる(1分)
  2. 与件文の一段落目を読んで企業概要をイメージ。(1分)
  3. 問題文を読み、回答イメージと与件文に取りに行く情報をイメージ(8分)
  4. SWOTや問題に絡むところをマーカーでチェックしつつ与件文を読む。(20分)
  5. 先に解けそうな問題から回答スタート。(1題10分以内)
  6. 余った時間は見直し

1つずつコメントしていきますね。

1:段落番号をふる(1分)

まず段落番号を振っていきます。まずはただそれだけです。

段落番号を振ることのメリットは、番号を振ることで、各段落がぱっと見でどこからどこまでなのかが見やすくなります

あと、メンタル的にも良くて、試験が始まって焦る気持ちを抑えられますねいわゆるルーティンですね。

1分もかかりませんが、まぁ余る分には問題ありませんから。

あと、試験開始直後にメモ用紙が欲しいがために問題用紙を破る人もいますが、僕は事例4以外は破りません。

僕のやり方だと事例1〜3は白紙のメモが必要ないですし、紙を増やすとそれだけ情報が散ってしまうので、「どこに書いてたっけ?」ってなるのが嫌なのです。

2:与件文の一段落目を読んで企業概要をイメージ。(1分)

そして、次に一段落目だけを軽く読みます。

一段落目には、企業の概要が書かれてありますね。

そこで、業種だったり、規模だったり、人員構成などを最初に押さえておくと、この次に問題文を読んだ時に問題文の理解が進みやすくなり、回答の目処もたてやすくなります

3:問題文を読み、回答イメージと与件文に取りに行く情報をイメージ(8分)

企業概要を理解したところで、次に問題文を読みます。

ここでやっておくべきことは以下の通りですね。

  • 注意すべき箇所をマーク
  • 周辺知識をメモ
  • 字数からだいたいの回答要素の個数を想定
  • 回答イメージを作っておく
  • どんな情報を与件文から探すか想定

注意すべき箇所をマーク

まず注意すべき表現などがあればマークしておきましょう。

例えば「A社の人材面以外の強みを答えよ。」などの問題であれば、「人材面以外」という部分がマークしておくべき注意点になります。

二次試験は時間が経過すればするほどテンパってきますから、テンパっていない時間帯に、こういう作業を行なっておくと良いです。

周辺知識をメモ

二次試験の試験はあくまでも理論の先生が作った、理論の試験です。つまり回答用紙上で「私はしっかり勉強して理論を理解していますよ」というアピールをしなければなりません。

なので、回答に書くときは、ただ国語の試験のように答えるよりも、「経営理論なキーワード」を用いたり、例えば4Pのような「理論的なフレーム」を用いて回答したほうがいいですね。

ですから、周辺知識は回答のヒントになる可能性があるので、軽く問題のそばにメモしておきましょう。(マーケティング戦略が聞かれたら、忘れないように「4P」って書いておくイメージ。)

字数からだいたいの回答要素の個数を想定

制限字数から、だいたいの回答の要素はいくつありそうかを想定しておきます。

もちろん場合によりけりですが、下記のようなイメージですね。

100文字なら2〜3個。
120文字なら3個。
150字なら3個〜4個。

「回答の要素の個数」と聞いてピンとこない人は、以前にまとめた記事をご覧ください。二次試験で多面的な回答の書き方を詳しく書いています。

中小企業診断士二次試験で点数を安定させる【多面的な回答】の書き方 中小企業診断士の二次試験で多面的な回答ってどうやって書けばいいの? 当記事では上記のような悩みに答えます。 ...

回答イメージを作っておく

あとは、多分こんな回答になるだろうっていうのをこの時点である程度想定しておきます。
簡単な例ですが、売上アップ施策を聞かれたら、

「①(新規顧客獲得施策)②(既存顧客リピート促進施策)③(買い上げ点数アップ施策)④(商品単価アップ施策)」

みたいな感じになるだろう・・・と目処をたてておくイメージですね。

ここまでであれば、与件文を読まなくても辿り着けますね。そして、そのイメージを問題のそばにメモしておきます。

もちろん与件文を読んだ結果、全然違うものになることもあるのですが、理論の知識をインプットして、練習をこなせばここの精度は高まっていきます。

ジッキー
ジッキー
8割くらいイメージできるようになれば、もう合格できる状態です

どんな情報を与件文から探すか想定

あとは、作った回答イメージを埋めるために、どんな情報を与件文から探すかを想定します。

さっきの例でいうと、

「①(新規顧客獲得施策)②(既存顧客リピート促進施策)③(買い上げ点数アップ施策)④(商品単価アップ施策)」

この()内を拾ってこようというつもりで与件文を読んでいくというイメージですね。

ある程度ターゲットが定まった状態で与件文を読むのと、そうでないのとでは、全然読み方が違ってきますね。

4:SWOTや問題に絡むところをマーカーでチェックしつつ与件文を読む。(20分)

ここまで準備して、やっと与件文です。

与件文を上から読んでいきましょう。

基本的にはSWOT分析をしながら、大事なところと、問題に絡みそうなところをマーカーしてチェックしながら読んでいくイメージ。

問題に絡みそうなところは、「問1」などと目立つようにメモしておくと後から探しやすくなりますよ。

読みながら、先ほど想定した「回答イメージ」を頭の中で埋めていく感じですね。

事例によってマークすべきことが若干異なるので、その詳細については各事例ごとに下記にまとまっていますので、そちらをご覧ください。

中小企業診断士二次試験の事例1の対策【実はセンス不要の科目です】 中小企業診断士二次試験の事例1が苦手。対策の方法が知りたい。 勉強の仕方がわからない。回答のコツが知りたい。 今...
中小企業診断士二次試験の事例2の対策【施策を書く練習あるのみ】 中小企業診断士二次試験の事例2が特に苦手。何を書いていいのかわからない。 勉強の仕方もわからない。対策が知りたい。 ...
中小企業診断士二次試験の事例3の対策【因果関係をおさえよう】 中小企業診断士二次試験の事例3が特に苦手。 勉強の仕方とか対策を知りたい。 今回は上記のようなお悩みに答えます。...
中小企業診断士二次試験の事例3の対策【因果関係をおさえよう】 中小企業診断士二次試験の事例3が特に苦手。 勉強の仕方とか対策を知りたい。 今回は上記のようなお悩みに答えます。...

紹介した読み方をしながら、与件文まで30分間で読み終えることができたら、かなりいいペースですね。

残り50分。これくらい時間があれば、テンパリません。

あとは、ある程度回答イメージも、与件文での使いそうな情報も目処が立っている状態で、回答を料理していきます。

5:先に解けそうな問題から回答スタート(1題10分以内)

ここからは、回答を進めていきます。

大事なのは、はまらないように、上から解いていくのではなく、先に解けそうな問題から取り掛かることですね。

1題あたりにかける時間は大体、10分以内をイメージしておきましょう。

この時点で回答イメージはできていて、与件文のどこを引っ張ればいいかも目処がついている状況であれば、5分程度で回答できる問題もあるでしょう。

回答スタートするまでの準備がいかに大事かということです。

逆にここまでで、回答イメージも、与件文内で使う情報も、全く目処がついていなければ、時間がかかりますから、後回しにしましょう。

この読み方をしていれば、「どの問題が時間かかりそうか」ということもわかります。

6:余った時間は見直し

あとは時間が余ったならば、見直しをしましょう。優先的に見直したいところは以下の通り。

  • 受験番号等は間違っていないか(大事故防止)
  • 問題がずれていないかどうか(大事故防止)
  • 問題の答えになっているか(中事故防止)
  • 問題の制約条件はクリアできているか(中事故防止)
  • 擦れて文字が消えているところはないか(小事故防止)
  • 誤字脱字はないか(小事故防止)
  • 日本語になっているか(小事故防止)

この辺りがチェックできれば、十分ですね。あとは自信持って回答を提出しましょう。

二次試験で失敗しない回答提出までの流れまとめ

二次試験で失敗しない回答提出までの流れまとめ
今回紹介した僕の80分間の使い方は以下の通りです。

二次試験で大ゴケしない80分間の使い方
  1. 段落番号をふる(1分)
  2. 与件文の一段落目を読んで企業概要をイメージ。(1分)
  3. 問題文を読み、回答イメージと与件文に取りに行く情報をイメージ(8分)
  4. SWOTや問題に絡むところをマーカーでチェックしつつ与件文を読む。(20分)
  5. 先に解けそうな問題から回答スタート。(1題10分以内)
  6. 余った時間は見直し

試験ってやっぱり緊張するものです。

当然いくつも想定外のミスをしてしまうものです。

だからこそ、自分のやり方を確立しておいて、ルーティンにしてしまうことが大事。

ルーティンだとテンパった時も、いつもと同じことをすればいいだけなので、精神安定剤にもなりますからね(^^;

もちろん、今回紹介した方法が全てではありません。

あなたにあったやり方を見つけるのが一番です。

ただし、まだやり方を確立できていないのであれば、真似してみてくださいな。

何度もやっていると、どうしてもしっくりこないところと、しっくりくるところが出てきますから、あとは微調整して、自分なりのやり方に落とし込めばいいですよ。

ジッキー
ジッキー
守破離です。

二次試験頑張ってください!

サラリーマンの中小企業診断士合格ロードマップ【独学だけはするな】 サラリーマンが中小企業診断士に合格するためにどんなことをすればいいんだろう。 独学でも合格できるのかな? 実際の合格...
【無料あり】サラリーマンにおすすめする中小企業診断士の予備校3選 サラリーマンをしながら中小企業診断士の資格を取りたい。 予備校はどこがいいんだろう?おすすめの予備校・通信講座が知りたい!...