サラリーマンの中小企業診断士合格ロードマップ【独学だけはするな】

サラリーマン中小企業診断士に合格するためにどんなことをすればいいんだろう。

独学でも合格できるのかな?

実際の合格者の体験記も読みたい。

当記事では上記の悩みに答えます。

ジッキー
ジッキー
どうも、こんにちは!ジッキー(@jikky_bongjing)です。

この記事を書いている僕は働きながら中小企業診断士の資格を取りました。下記のような感じで合格しました。

  • 一次試験→1年3ヶ月で合格
  • 二次試験→1年3ヶ月で合格

今回は、そんな僕の体験記つきで、サラリーマンが中小企業診断士に合格するまでのロードマップをまとめました。

これを読めば、仕事をしながら、中小企業診断士の資格を取るまでの流れや方法が理解できます。

ちなみに独学は完全に否定派です。

時間がかかる上に、今の時代、独学と同費用または安くで通信講座に申し込めるからです。その辺りも以下で詳しく解説しますね。

サラリーマンが中小企業診断士に合格するための3つの前提

まずサラリーマンが中小企業診断士に合格するための必須となる前提は下記の通りです。

  1. 毎日の勉強時間を確保すること
  2. 数年かかることを覚悟して勉強に臨むこと
  3. 稼ぎたい目的なら考え直した方がいいかも

1:毎日の勉強時間を確保すること

中小企業診断士は正直言って簡単に合格する試験ではありません。まぐれではなく、しっかり合格レベルに達するためには、1000時間を超える勉強量が求められます。

特に二次試験は相当なスキルが求められます。大学で言えば、上位の国公立大学に合格するくらいの難しさだと僕は思っています。

下記に一次試験、二次試験の難易度をまとめていますので、よければどうぞ。

中小企業診断士試験の難易度は?【合格者が大学受験で例えてみた】 中小企業診断士の難易度ってどんなもんなんだろう?大学受験で例えると・・・。 当記事では上記のような悩みにお答えします!...

なので、サラリーマンとはいえ、必ず毎日の勉強時間を確保することが求められます。

ジッキー
ジッキー
僕は毎日の電車の通勤時間や夜中の時間などを活用しました。

2:数年かかることを覚悟して勉強に臨むこと

サラリーマンとして働きながら中小企業診断士に合格するのは、なかなかハードです。

1年でストレート合格できる人もいますが、僕は一次試験を2回に分けて受け、二次試験も2回目で合格できました。

ジッキー
ジッキー
人によっては、5年以上かかる人もいます。

それくらい難しい試験なので、資格を取るためには数年かかる覚悟を持ってして受けた方がいいです。

3:稼ぎたい目的なら考え直した方がいいかも

また、資格を取ることによって稼ぎたい!という考えなら、中小企業診断士はお勧めではありません。

ジッキー
ジッキー
資格を取るだけで稼げるようになる資格ではないからです。

稼ぐためのスキルやノウハウは身につきますが、独占業務などがあるわけではありません。

下記を読んで、それでも中小企業診断士を受けたいと思ったのであれば、是非受けましょう!

稼ぎたいだけで中小企業診断士を受けてはいけない【結論:稼げない】 中小企業診断士って資格とったら稼げるのかな? 当記事では上記の疑問に答えます。 結論から言うと、「中小企...

当然合格するまでは、勉強する毎日が待っています。苦労もしますし、伸び悩むこともありますが、その代わり合格した時の喜びはひとしお。

確実に自分にスキルがついているのがわかるくらい成長します。下記に僕が試験に合格して感じた成長をまとめています。

中小企業診断士の資格を取る7つのメリット【稼げるようになるの?】 中小企業診断士の資格って何かとるメリットあるのかな? 当記事では上記のような悩みにお答えします。 平成3...

というわけで、これから一次試験合格までの流れを紹介します。

サラリーマンが中小企業診断士一次試験合格するまで【体験記つき】

サラリーマンが一次試験合格のために大事なポイントは以下の3つです。

  • 予備校の通信講座を利用しましょう。
  • 先に3〜4科目を科目合格しましょう。
  • 残り科目は二次試験を見据えた勉強をしましょう。

予備校の通信講座を利用しましょう【独学は厳禁】

僕は一次試験に関しては、半分は独学で科目合格し、残りの半分は予備校の通信講座を利用しました。

自分の経験をもとに、正直言いますが、独学は時間の無駄です。

ジッキー
ジッキー
3ヶ月間でしたが、独学は本当にしんどかった。

中小企業診断士試験の出題範囲はめちゃくちゃ広いですから、ある程度重要箇所を絞らないと勉強時間は無限に必要です。

また、自分で本を読んでいるだけで、すんなり理解できる問題ではありません。それに勉強ペースもつかめません。

独学はいいことありません。

独学はお金がかからないことがメリットだと思うかもしれませんが、結局問題集やテキストを揃えると数万かかります。数万円あれば十分受けられる通信講座もありますので、そちらを受けるべきです。

【無料あり】サラリーマンにおすすめする中小企業診断士の予備校3選 サラリーマンをしながら中小企業診断士の資格を取りたい。 予備校はどこがいいんだろう?おすすめの予備校・通信講座が知りたい!...
ジッキー
ジッキー
サラリーマンにとって、お金より時間の方が大事ですよ。

先に3〜4科目を科目合格しましょう。

中小企業診断士の一次試験は全部で7科目受ける必要がありますが、サラリーマンが7科目全部一年で仕上げるのはなかなか困難です。

それに、7科目の中でも二次試験に関係ある科目は3科目(企業経営理論、運営管理、財務)のみ。

その他4科目(経済学・経営法務・経営情報システム・中小企業政策)についてはほぼ二次試験無関係の試験です。それに経済学以外は暗記科目。

これが二次試験を受ける年に全部が残ってると結構しんどいですから、おすすめは一次試験を二回に分けることです。

  • 1回目の試験で二次無関係の暗記科目を合格する。
  • 2回目の試験で二次試験科目を合格する。

こうすることで、2回目の試験の時に二次科目に集中できるので、頭のメモリーを分割できて効率的。

ジッキー
ジッキー
特に、二次試験はかなり難易度高めですから、知識は充実しているに越したことありませんからね。

経営情報システムだけ、イメージできない人は書籍でカバーした方がいいかも。仕組みがわかればある程度わかりやすくなります。

下記は非常にわかりやすく用語と仕組みを紹介してくれているので、オススメです。

診断士を受けるなら是非読んで欲しい書籍は以下にまとまっています。

合格者の僕がおすすめ!中小企業診断士を受けるなら読むべき7冊の本 中小企業診断士の試験勉強の参考になるおすすめの本を知りたい。 当記事では上記のような悩みにお答えします。 ...

残り科目は二次試験を見据えた勉強をしましょう。

1回目の一次試験を科目合格狙いにする場合は、残りの科目を一年かけてじっくり勉強していくことになります。二次試験も見据えつつ・・・です。

勉強して一通りテキストをこなしたら、ぜひ二次試験の問題を先に一度解いてみてください。

ジッキー
ジッキー
どんな風に一次試験で学んだ知識が応用されるのか、先にイメージしておくとその後の勉強がはかどりますよ。

おそらくびっくりするくらい難しいと感じると思いますが、ただいい方法で勉強すれば、必ずできるようになってきます。

あとは、通信講座にしたがって勉強を進めていくのみですね。

なお、僕の一次試験合格体験記は下記です。

サラリーマンの僕が約1年で中小企業診断士一次試験に合格した体験談 僕は、中小企業診断士の一次試験は勉強を始めてから、1年3ヶ月で突破しました。 中小企業診断士は一次試験だけで7科目あって詰...

【参考】全科目を狙いにいくのも手です。

ここまで紹介した流れは、時間のないサラリーマンにおすすめ方法です。

僕の場合は診断士の試験を受けようと思ってから1回目の試験まで3ヶ月くらいしかなかったので、自ずとそうせざるを得なかったのですが、次の試験まで1年とかあれば、全科目合格を狙うのも手です。

科目合格にはメリットとデメリットがありますので、下記をしっかりと読んで、全科目合格を狙うか、科目合格を狙うかを決めるといいです。

【中小企業診断士一次試験】科目合格狙いのメリットとデメリット 中小企業診断士の一次試験は科目合格狙いか、全科目合格かどっちが効率的? 科目合格のメリットやデメリットを知りたい。 ...

サラリーマンが中小企業診断士2次試験合格するまで【体験記つき】

次に最後のハードル。なかなか二次試験は鬼門です。

記述試験なので、知識がなくてもたまたまうまくいって合格することもあります。

ただし、いつ受けても合格できるレベルに達するのは相当難易度高いです。

そんな二次試験合格のポイントは以下3つです。

  • 予備校は必要です。
  • 一次試験で勉強した知識が超大事です。
  • アウトプットの練習が不可欠です。

予備校は必要です。

二次試験は、正直独学不可能だと思ってます。やればわかりますが、何が正解かわからない試験なので、独学しているとほぼ100%迷走します。

ちなみに二次試験専用予備校なんかもあって、予備校もそれぞれ流派が違ってて、本当に何が正解かわからなくなりますが、全予備校それなりに実績はありますから、どこかの予備校のやり方を盲信するのがベストです。

僕は一次試験はTACで合格しましたが、二次試験はTBC受験研究会という別の予備校に申し込みました。結構おすすめです。理由は下記にまとめています。

【中小企業診断士】二次試験の予備校でTBCをオススメする8の理由 中小企業診断士の二次試験対策の予備校のおすすめってどこだろう? TBC受験研究会とかどうだろうか? 当記事では上...

一次試験で勉強した知識が超大事です。

二次試験はとある企業の経営状況を見て、紙面でコンサルをするような試験です。

よく国語の問題だと思われがちですが、そんなことはあり得ません。

試験を作っているのは、経営の理論の先生だからです。

ですから、紙面に書く回答の中で、「経営の知識が頭に入っていて、理論がわかっている事」をアピールしなければなりません。

ジッキー
ジッキー
↑この考えがめちゃくちゃ大事なんです。

例えば「B社のマーケティング戦略を答えよ。」という問題が出たら、んと答えるか。

極端な例ですが、以下のような答えはダメです。

B社は新規顧客を増やすために、まず市場調査を行い、顧客の情報を得た上で、顧客に響きそうな訴求内容にて、広告宣伝を行います。

何故ダメかというと、これはマーケティング戦略4Pの中のプロモーション(販促)の話でしかないからです。

ちゃんとマーケティング戦略の4Pと言う理論についてわかってるよ〜ということをアピールするには、例えば以下のように答えます。

①●●と▲▲を組み合わせて付加価値をつけて②客単価を高めて③チラシやSNSを利用して告知しつつ④自社店舗のみで販売する。

4P、つまり「商品戦略」「価格戦略」「流通戦略」「販売促進戦略」の全てが入ってますよね。

ジッキー
ジッキー
こういう試験なのです。だから、知識を頭に入れておくことは非常に大事です。

アウトプットの練習が不可欠です。

中小企業診断士の二次試験でさらに求められるのは以下の3つです。

  • 問題に対して適切な回答を書くこと
  • 多面的な回答を書くこと
  • 制限字数以内に書くこと
ジッキー
ジッキー
これがなかなか難しい。

これは「知識」とは違って「スキル」なので、なんども練習が必要だし、改善も必要。そして毎日頑張っても習得に時間がかかりますから、ここで心折れる人も多いと思います。

ただ、ある程度型が出来れば、二次試験の点数は安定します。下記に多面的な回答を書くコツをまとめましたので是非ご覧ください。

中小企業診断士二次試験で点数を安定させる【多面的な回答】の書き方 中小企業診断士の二次試験で多面的な回答ってどうやって書けばいいの? 当記事では上記のような悩みに答えます。 ...

また伸び悩むとしたらここなので、伸び悩んだ時の対策などは以下にまとめています。

中小企業診断士二次試験の勉強をしても成績が伸びない理由【5つ】 中小企業診断士の二次試験の勉強をいくらやっても成績が伸びない・・・。 勉強の仕方が間違っているのかな・・・。 ...

二次試験の科目ごとの試験対策法

中小企業診断士の試験は4科目。各科目ごとの試験対策法は下記にまとまっていますので、是非ご覧ください。

中小企業診断士二次試験の事例1の対策【実はセンス不要の科目です】 中小企業診断士二次試験の事例1が苦手。対策の方法が知りたい。 勉強の仕方がわからない。回答のコツが知りたい。 今...
中小企業診断士二次試験の事例2の対策【施策を書く練習あるのみ】 中小企業診断士二次試験の事例2が特に苦手。何を書いていいのかわからない。 勉強の仕方もわからない。対策が知りたい。 ...
中小企業診断士二次試験の事例3の対策【因果関係をおさえよう】 中小企業診断士二次試験の事例3が特に苦手。 勉強の仕方とか対策を知りたい。 今回は上記のようなお悩みに答えます。...
中小企業診断士二次試験の事例4の対策【情報整理が全てです】 中小企業診断士二次試験の事例4が特に苦手。 勉強の仕方とか対策を知りたい。 今回は上記のようなお悩みに答えます。...

あと参考になる本も紹介しておきます。試験委員の先生が書いた本は、出題者の根っこの考え方を知ることができるので、非常にオススメ。

特にブランディング戦略など、割と広い意味で捉えられる概念は先生の定義を見た方が早いですね。

合格者の僕がおすすめ!中小企業診断士を受けるなら読むべき7冊の本 中小企業診断士の試験勉強の参考になるおすすめの本を知りたい。 当記事では上記のような悩みにお答えします。 ...

サラリーマンが中小企業診断士口述試験に合格するまで【体験記つき】

中小企業診断士の二次試験は、鬼門の筆記試験と口述試験を両方合格する必要があります。

口述試験は面接です。試験管を経営者に見立てて、中小企業診断士として聞かれた質問に対して答えるといった内容。

おそらく知識というよりは、人間的な適正を見られる感じですが。

ポイントは以下の通り。

  • 二次試験の筆記試験の問題文を熟読しておく。
  • 質問にはわからなくても必ず発言する。
  • できるだけ多面的に答える。
  • ほぼ合格するからリラックスして臨む。

二次試験の筆記試験の問題文を熟読しておく。

まず面接で問われるのは、二次試験の筆記問題で出題した企業に関する質問です。

例えば、「A社にはどんな人事施策が有効でしょうか?」と言ったような質問が来ます。

面接の場では問題文は持ち込めませんから、各社の情報を頭に叩き込んでおく必要があります。

準備がなければ、答えられない問題が増えすぎるので危険です。

二次筆記試験の合格がわかってから口述試験まで1週間程度しかありませんが、読んでおけば大丈夫なので、1週間あれば十分です。

【中小企業診断士】筆記試験の合格発表後1週間でできる口述試験対策 中小企業診断士の二次筆記試験に合格したけど、発表から口述試験まで1週間しかない。 ほとんど落ちない試験とはいえ不安だ。この...

質問にはわからなくても必ず発言する。

質問内容は、結構難しいこともあるのですが、たとえ全くわからなかったとしても、「すみません。勉強不足でわかりません。」など、答えた方がいいですね。

何か答えないと「ゼロ点」しかつけようがありませんので、あまりに無言が続くと不合格になっちゃいます。

できるだけ多面的に答える。

中小企業診断士として求められる「多面的な答え」を口頭でも意識しましょう。すると印象がよくなります。

まぁこれは出来ればってレベル。ぶっちゃけそこまでしなくても合格しますし、緊張でそれどころじゃない感じになることが多いですね。

僕も全く多面的ないい感じの回答はできず、「もっと多面的に答えて」と指摘を受けちゃいました(汗)

ほぼ合格するからリラックスして臨む。

筆記試験は、80%の人が落とされる試験ですが、口述試験はほぼ落ちません。

遅刻するとか、全質問無言とか、そういうことがあれば落ちるみたいですが、「答えけど全然ダメだったなー」っていうくらいだったら合格します。

そんな試験です。じゃないと流石に、口述で多面的で的確な答えを出すなんて難しすぎますから。だから緊張はしますけど、リラックスして望むようにしましょう。

下記記事に、僕が受けた口述試験を忠実に再現しています。先がわかっていればある程度リラックスできると思うので、是非口述試験前にご覧ください。

【体験談】僕が受けた中小企業診断士の口述試験の全てを忠実に再現 中小企業診断士の二次試験の筆記後にある口述試験ってどんな試験なの? 当日の様子を知りたい。体験談があれば教えて欲しい。 ...

▼サラリーマンにおすすめの中小企業診断士一次試験の予備校3選

1:スタディング→サラリーマンが通勤時間に勉強できるように、テキストがなくても理解でき動画講義が特徴。コスパは最強。50,000円程度で全科目文受講できる上に、合格したら10,000円の祝い金がもらえます。最初に無料講座を受けられるので、まず試しに受けてみるといいですよ。

2:診断士ゼミナール→こちらも上記と同様、コスパ最強です。50,000程度で全科目分の講義を受けることができます。1年目に受講すれば、最大3年間まで無料で受講できますし、3年度以内に合格すれば、合格祝い金も30,000円もらえます。実質2万円代で合格を目指すことが可能です。

3:TBC受験研究会→TBC受験研究会は、動画講義をYoutubeにアップしているので、無料で見れます。テキストと問題集を7科目分くらい買うと、40,000円弱くらいはしますが、リスクは低いですね。予備校としては老舗で、優秀。二次試験対策は僕の中で一択です。